■ 最近の白内障治療

“白内障”ってどんな病気でしょうか。

目の中にはものを見るためのいろいろな仕掛けがあります。外の景色がちゃんと見えるようにピント合わせをしているのが水晶体というものです。 水晶体は1cmくらいの円盤のような形をしたもので、もとは水晶のように透き通っています。ところが、年を取るとそれがだんだんに曇ってきます。それが白内障です。 人によって白髪の出易い人と出にくい人といるように、水晶体もどんどん曇る人と、それほど曇らない人とあります。 また、左右の目でもその濁り具合に差が出てきます。
治療法はありますか?
水晶体が曇るのを遅くするという程度のお薬はありますが、出た曇りをすっかり取るというようなお薬は残念ながら今のところありません。
かすみがひどくなってきて、日常生活が不便になってきたら、手術をしてすっきりしましょう。
手術をすると、すっかり曇りをきれいにする事ができます。
手術の時期は?
以前は、だいぶ視力が下がってきてから手術となるケースが多かったようです。最近は手術成績が安定してきた事や、患者様の負担が少ない手術になってきている事から、単純に視力の低下だけで手術の適応を決めているわけではありません。 その人の生活様式や、これからどのように生活していくかという患者様のお考えをあわせて適応を考えていきます。 たとえば、視力が0.4でも、手術をしないで様子を見ていく方から、視力が1.0でも手術をして、精度よく見える事で、仕事や趣味をさらに充実させていらっしゃる患者様も多くいらっしゃいます。 当医院では、患者様一人一人の生活のスタイルを考慮しながら手術の適応を考えていきます。

安藤眼科医院の手術の特徴

当医院の手術は痛くありません。
痛い麻酔のお注射はせず、目薬で麻酔をするからです。目薬をつけるとき、ちょっとしみるだけです
98%の方の手術時間は10分です。
目の組織の弱い方や、合併症のある方の手術(全体の1~2%)は20分以上の時間が必要で、また手術を2回に分けたほうが良い場合もあります。
安全に手術が受けられます。
全ての手術に麻酔科専門医が付き添い、血圧を始めとする全身状態の管理をしています。
日帰りで手術をしています。
安藤眼科医院の白内障手術は入院しなくてもできます。
しばらく休んで、気分が悪くないか、血圧その他は大丈夫か等を確かめてからご自宅へ帰れます。
ご希望の方は入院設備を用意しています。
家がとても遠いとか、その他の事情でお泊まりになりたい方のためにきれいな病室とベッドも用意しています。お食事もおいしいと喜ばれています。
最新の手術機器を揃えています。
最新の手術機器と医療設備で、患者様に最高の白内障手術をご提案します。
ご家族の方は、手術室の様子や実際の顕微鏡下での手術の様子をモニターで  ご覧になれます。
手術当日、付き添いのご家族にとっては、患者様が手術室に入ってから出てくるまで、とても心配な事でしょう。手術室はクラス10000の清潔区域ですから、ご家族は入る事はできません。そこで、モニターを使う事で、患者様が手術室に入っている間もご家族の方が患者さまの様子を見守りつづけられるように工夫しています。

手術費用

限度額認定証をお持ちの方は1カ月に支払った医療費の合計が自己負担限度14,000円(一定所得者57,600円)を超える場合、限度額を超えた金額は負担しなくてよくなります。
詳しくはお住まいの市役所・町村役場窓口へお問い合わせ下さい

● 日帰りの場合
 70歳未満 / 3割負担の方  60,000円
 70歳以上 / 1・2割負担の方  14,000円
 70歳以上 / 3割負担の方  57,600円

● 入院の場合 ( 朝・夕食付き )
 個室の場合  夕・朝食付きで10,800円です。
 付添の方の宿泊代  夕・朝食付きで5,400円です。