■ ごあいさつ

名誉院長 安藤 展代からのご挨拶

災害の多い日本
 “忘れた頃にやってくる”と言われている災害が最近は忘れないうちに次々と起こってきます。今地震が起こったら、津波が来ると言われたら、火事だと言われたら私たちはいち早く、できれば身一つで逃げたいです。それには良い視力が大切です。それもメガネもコンタクトレンズも要らない視力です。災害時にはメガネやコンタクトレンズを持ち出す暇が無い場合も多いのです。そこで視力矯正が必要になります。

 さて、近視、遠視、乱視などで視力が悪い場合、多くはメガネやコンタクトレンズで矯正します。でもメガネやコンタクトレンズには様々な不都合な点があり、生活がその点で不自由になる場合もあります。災害時にも不便です。その時に行うのが視力矯正手術です。手術を行いますと、ほとんどの場合メガネやコンタクトレンズから解放されるか、装用する頻度を減らすことができ、快適な生活を送ることが保証されます。そして災害時に強くなります。

 当院では2000年から視力矯正手術を行い、多くの方に喜んでいただいています。2012年にはフェムトセカンドレーザーのみで行うReLEx SMILE(リレックス・スマイル)を導入しました。この手術はフェムトセカンドレーザーで矯正したい分の角膜を切り、2~4mmの切開創から取り出すという手術です。ヨーロッパでは2005年ほどから数多く行われ、良い成績が報告されていますので当院は注目してずっと学会の動きを見守っておりました。そしてついに2012年日本で4番目の導入を果たました。以来約3年の経験から、この手術は手術時間が短く、傷が小さく、そのため手術後のドライアイが少なく、また視力の安定に優れているということがわかりました。LASIK(レーシック)のフラップがはがれるなどという事故も起こりません。このたび当院はこの優れた視力矯正手術を広く皆様に提供したいという考えで、この手術を中心とした新しい価格設定をしました。

 レーザーでの視力矯正ができない強度の近視もあります。その場合は目の中に矯正レンズを入れる、フェイキックIOL(アイオーエル)やICL(アイシーエル)があります。これは非常に質の良い視力が得られるので大変お勧めです。レンズの価格が高いために手術費用が高いのが難点ですが、この点でも当院はできるだけの努力をしてゆきたいと思っております。

 ところで視力矯正は40歳以下の方には心配なくお勧めできる手術ですが、40歳過ぎの方には老眼のことを考えていただかなくてはなりません。車の運転がメガネなしでできるようになって嬉しい反面新聞や書類が見にくいということが起こります。今のところそれまでをも満足でき、当院がお勧めできる理想的な視力矯正手術はほとんどありません。

 そして、老眼までを含めて解決できる唯一お勧めできる手術は水晶体再建術です。これは白内障があることが前提になります。白内障の手術をする時に眼内レンズを入れますが、その時に遠近両用の眼内レンズを挿入します。ほとんどの方は一般的な生活ではメガネをかけないで暮らせるようになります。これは大変便利です。この手術も眼内レンズが特殊で高価なために手術は通常の保険診療ではできません。最近では生命保険の先進医療特約で給付が受けられるようになり、それを使って手術される方が増えています。

 視力矯正手術は若い人の近視、乱視、遠視の手術から、高齢者の水晶体再建術まで幅広く、その適応に応じてよい手術を選んでゆくことが必要です。

 視力矯正手術がうまく行くと、地震が来ても津波が来ても火事になっても身一つで逃げ出し、その後の避難生活も安心になります。動物的に強くなるという点で皆様に受けていただきたい手術の一つです。

院長 安藤 浩からのご挨拶

ごあいさつ
安藤眼科医院のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。安藤眼科医院は神奈川県西湘地区で25年前から診療を開始しました。眼科顕微鏡手術の黎明期から始まった当院は、時代が次々と変わっていく中で、常に最新鋭の医療技術を提供できるよう努力してきました。

2014年現在の当院は、3つのクリニックで、1日あたり約250名の地域の皆様の眼科外来診療をしています。開院当初から診療を続ける松田の安藤眼科医院、安藤眼科医院全体の手術を行う小田原クリニック、最も新しい南足柄クリニックで、診療体制をそれぞれ分担しつつ、総合して均質な医療を提供しています。

当院の理念は「高度な医療 そして やさしい心配り -患者様の明るい世界、輝く笑顔が見たいから成長し続けます-」としております。地域の人々の生活に光や輝きをもたらすのが、当院の使命です。そのため、科学としての医療を常に追い求め、患者様の明るい世界や笑顔を原動力に、今までも、そしてこれからも、成長し、発展していきたいと思っています。

安藤眼科医院を取り巻く地域の人々や、企業、医療機関の皆様方と協力しながら地域の発展に力を尽くし、また、多くのことを教えていただきたいと思っておりますので、これからもよろしくお願いいたします。

最先端眼科の欲望

私が安藤眼科医院で眼科診療を開始してから5年たちます。 その間にも、眼科の診療機器は目覚ましい発展を遂げています。その中で、安藤眼科医院は多くの新規機械を導入し、安藤眼科医院の医師たちは最新鋭の機械に囲まれた診療をしています。

最近5年間当院の眼科機械導入の中で目立つものを列挙すると、まずは、カルテをデジタル化して診療を開始しました。そして、手術用の機械として、手術顕微鏡を1台、白内障手術に使う超音波入荷吸引装置を1機種、硝子体手術用の機械を1台とその周辺機器達、今までより痛みが少なく複数発のレーザーを連射可能な眼底レーザー装置を1機種、新しい機構の近視矯正手術用の機械2機種を手に入れました。診察機械として、眼底の断層写真を撮るOCTを2機種、眼底の隅々までを1枚の写真に収められる超広角無散瞳眼底カメラを1台導入しています。その他に既存の機械のバージョンアップは数限りなく行っています。手術に使うデバイスの変革も著しく、白内障手術用の眼内レンズは次々と進化しました。通常の単焦点眼内レンズは、時代とともに光学特性が進化し、かつ挿入が安全確実になりました。付加価値眼内レンズとして、乱視矯正眼内レンズと、多焦点眼内レンズは、直近5年間で使用枚数が爆発的に増えました。緑内障手術は、長さ2.6㎜、直径0.38㎜のストローを眼内に挿入する方法が採用され、今まで約45分間かかっていた緑内障手術が約30分で終わるようになりました。

他にも、新しくなった機械や仕組みを数え上げればきりがありません。
眼科を取り巻く、医療機器メーカーや製薬会社、その他多くの企業や個人の努力によって、眼科学が次々と進化しているからです。好奇心が強く、新しい物が好きな私は、新しい機構を備えた機械やシステムが出ると聞くと、とにかく見に行って、うっかりすべて欲しくなってしまいます。しかもフラッグシップマシンを手に入れてしまうのです。導入できる機械の優先順位をつけて、機械を導入すると、そのたびに、進歩を驚き、そして、それを実現してくれた科学技術に感謝します。約20年前、私が医学部を卒業するときには、「治療困難」とされていたはずの疾病や状態が、現在の技術を駆使すると、回復や維持がかなりの確率で可能になっているからです。

これからも、眼科学はさらに進歩し続けるでしょう。
日本で未承認の機械にも、手に入れたい順序を決めて、私は今から楽しみに待っています。現在は存在しないけれど、多分開発されるはずの機械や仕組みを想像するのも、私の楽しみの一つです。現在、世の中に存在する技術を組み合わせて考えるだけで、眼科診療はまだまだ医療機器に発展の余地があります。

私の世代ではおそらくまだ無理ですが、いつの日か、「人工眼球」を培養・製造して、脳に直結し、眼球の病気そのものが意味をなさなくなる、そんな日が来ることを願いつつ、目の前の医療技術を駆使して、できる限り多くの人々の明るい世界と輝く笑顔を見たいと思っています。