■ 有水晶体眼内レンズとは

有水晶体眼内レンズとは



有水晶体眼内レンズは屈折矯正手術のひとつの方法です。
LASIKやPRKのようにエキシマレーザーを使って近視矯正をするのではなく、白内障の手術のように、眼内に人工のレンズを入れて、近視を矯正する方法です。白内障の手術と違う点は、白内障手術では、濁った水晶体を取り除き、その代わりに人工のレンズを眼内に入れるのに対して、有水晶体眼内レンズは、水晶体は取り除かずに、水晶体の前に人工のレンズを入れます。角膜と虹彩の間(前房)にレンズを入れるタイプを前房型有水晶体眼内レンズと言い、それよりも後ろの虹彩と水晶体の間(後房)に入れるタイプを後房型有水晶体眼内レンズ(Implantable Collamer Lens)と言います。
イメージ図
前房型有水晶体眼内レンズ
後房型有水晶体眼内レンズ(ICL)